12月 3rd, 2014年

2014/12/03

フリーに依頼するということ

みなさまこんにちは!

昨日からどんどん

寒くなってまいりました。

寒さがとっても苦手な私は震えております。。。

けれど、春のウエディングの方の打合せや資料を探していると

気持ちがどんどん春っぽくなってきて心だけはホカホカです(^_^)

さてさて最近、関西方面からのお問い合わせをいただくことが多くて

いよいよ関西にもフリーランスのウエディングプランナーが認知されてきたのかなと

思うと嬉しいです。

その中でのご質問が多いのが

「フリーランスウエディングプランナーに頼むとどんなウエディングが出来ますか?」

ということです。

これは、フリーの人それぞれの想いがあると思うので

ここでは私の見解を・・・

それは

「お客様に本当に合った商品を提案できること」

「お客様の本質を知り、深掘りした上での提案が出来ること」

です。

それが結果として当日の結婚式に表現される。

ということです。

私は、フリーという立場上、固定の会場はありません。

けれど、その分、しがらみがなく自由に空間やアイテムを扱えます。

時間をもっともっとお客様のために使う事が出来る分、お客様とゆっくり話し合って

お客様が表現したい結婚式をご提案出来ます。

私がLinoWeddingを立ち上げたのは、

結婚式にもちよるみなさんの気持ちをもっと自由に表現したい!

と思ったからです。

なので、突拍子もないことを思いつかないとフリーに頼めないのかなあ?とか

普通すぎるけど頼んでいいのかなあ?とか人数少ないけどいいのかなあ?とか

そんなことは思わないでくださいね。

LinoWeddingのコンセプトに賛同いただける方はみなさま大歓迎です♪

みなさま!心にグッとくるウエディングをいたしましょう♪♪

FullSizeRender